ごしっぷるんるん

トレンド、芸能関係ニュースをおもしろおかしく紹介します。予定です…

V6・学校へ行こう!復活SPの高視聴率は、三宅健の涙?

三宅健が涙流したらテレビつけるのかw

画像引用元:http://mama.jocee.jp/assets/images/matome/ca4cfba403b7535320f9/a5607e13f34be15a96dea5523b3c4030.jpg?t=1446552967

 
   

V6の20周年を記念して7年ぶりに放送された「学校へ行こう!復活SPの瞬間最高視聴率が三宅健の涙のおかげだと世間を賑わせているようです。

 

1997~2008年に放送された人気グループ「V6」のバラエティー番組「学校へ行こう!」(TBS系)が3日、「学校へ行こう!2015」として一夜限りの“復活”を果たし、平均視聴率が17.8%(関東地区・ビデオリサーチ調べ)だったことが4日、分かった。また、瞬間最高視聴率は、番組終盤に「愛なんだ」の映像が流れて三宅健さんが涙を見せた午後9時43分の時点で22.1%(同)だった。  復活スペシャルは、V6の20周年を記念して7年ぶりに放送され、久しぶりにV6のメンバーとみのもんたさん、渡辺満里奈さん、紗栄子さん、夏帆さんら当時の出演者が集結。学校の屋上からさまざまな告白をする企画「未成年の主張」などの懐かしの企画が放送された。  「学校へ行こう!」は、「学校を楽しくしよう」を合言葉に、V6メンバーが学校へロケに出向き、個性的な学校や学生たちの姿を伝えていた番組。スペシャルではほかにも、「B-RAPハイスクール」「東京ラブストーリー」といった名物企画に出演した個性的なキャラクターの現在の姿も放送され、話題を集めた。

記事引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151104-00000001-mantan-ent

 

テレビを見てなかった人が「三宅健が涙流してるで!」と誰かに聞いて、慌ててテレビをつけるなんてことはないと思うので視聴率って何なの?と思ったりもします。 そういえば、Yahoo!のリアルタイム検索や、ツイッターでも盛り上がっていたようですね。

 

 7年ぶりに一夜限りで復活したTBSのバラエティー番組「学校へ行こう!」(3日後7・00)。かつての人気番組はインターネット上でも話題をさらった。  放送中のYahoo!リアルタイム検索や、ツイッターのトレンドは番組タイトルをはじめ、「未成年の主張」「B-RAP」「サオリとミホ」「厚底ジェイソン」などコーナー名や出演キャラクター名などが席巻。Yahoo!リアルタイム検索は上位20個全てを番組の関連キーワードが占めた時間帯もあり、「懐かしすぎて笑った」「やっぱり面白い!!」「毎週放送して欲しい」など絶賛するツイートが続々。番組終了から7年たっても根強い人気を誇っていることを証明した。  なお「厚底ジェイソン」はジェイソンに扮した坂本昌行(44)と井ノ原快彦(39)が街中で厚底ブーツを履いたギャルを捕まえ、厚底を切り落とすというコーナー。名前が良く似ているピン芸人の厚切りジェイソン(29)は「厚底ジェイソン!?何じゃこりゃ!」とツイッターで反応していた。

記事引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151103-00000134-spnannex-ent

 

大いに笑った人もいれば、涙した人もいる。 毎週放送を熱望するのも無理はないでしょう。

 
画像引用元:http://pbs.twimg.com/media/CS5AdXfUAAIhri9.jpg

 

平均視聴率の17.8%は、最近のバラエティ番組としてはいいようですが、多くの人が熱望する番組なのにレギュラー番組にならないのは納得いかないのではないでしょうか?

 
画像引用元:http://sakuraneko.net/wp-content/uploads/2014/12/505ad3aa4fce07bc9f863d4c59efc4c6.jpg

 


でも、 調子乗ってレギュラー化するとダメなんでしょうね。

 
 

 - ニュース , , , , , , , , , , , , ,