ごしっぷるんるん

トレンド、芸能関係ニュースをおもしろおかしく紹介します。予定です…

アッコにおまかせ!佐村河内・人権侵害『アッコに任せるからやろ?』

アッコにまかせるとこうなるw

画像引用元:http://kenkolife.net/wp-content/uploads/2013/08/caf398bfbb1459e2be42bf8ae64ffa75.png

 
   

アッコにおまかせ!での佐村河内守に対する放送に対し、BPOが異例の厳しい判断をしたことで話題となっています。

 

 佐村河内守氏の作曲者偽装問題を取り上げたTBS系「アッコにおまかせ!」をめぐり、放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送人権委員会が17日に公表した勧告は「名誉を毀損(きそん)する人権侵害があった」という厳しい判断になった。一方で、同委員会の9人中3人が「名誉毀損については成立しない」とする主張を参考意見として述べており、今回の議論が白熱したことを浮き彫りにした。  「過去の判断をみれば分かるように、今回は比較的まれな判断。そういう意味で、異例の厳しい判断という受け止めを呼ぶのではないか」  同委員会の曽我部真裕委員は今回の判断について、こう語った。同委員会が「人権侵害」と判断したケースは平成18年3月の「たかじん胸いっぱい」(関西テレビ)以来、約10年ぶりとなる。  厳しい判断となったことに関し、坂井真委員長は「事実を客観的に伝えた上で、『私はどうも信用できない』と放送したのであれば、それは公正な論評になり、今回の(人権侵害という)話にはならなかった」と説明。佐村河内氏の聴力などについて十分な根拠を示さず、一面的な内容に終始した点に問題があったとの認識を示した。  一方、「名誉毀損には当たらない」とする意見を付記する委員もいた。奥武則委員長代行は委員会の決定文で、「(佐村河内氏が)現在も手話通訳が必要であるか否かについて濃い疑惑があることについては、真実性があるという見解も十分にあり得る」と指摘。「(番組が)診断書に『感音性難聴』と記載されていることを明確に示さなかったことなど、さまざまな側面を正確・公平に扱い、事実をありのままに伝えるべきであるという点からは問題が大きい」との意見を展開した。

記事引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151117-00000555-san-ent

 

佐村河内守といえば、作曲者偽装問題で新垣隆さんをゴーストライターにしていたにもかかわらず、暴露されて逆ギレ。新垣隆さんを名誉毀損で訴えると世間を賑わせました。

 
画像引用元:http://web-teruhisa.com/wp-content/uploads/2014/03/image44.gif

 

事件の発端は、佐村河内氏です。 とはいえ、憶測だけで避難することは何人たりとも許せません。

 
画像引用元:http://livedoor.4.blogimg.jp/jin115/imgs/f/5/f5a1e2af.jpg

 


もうこれ以上、アッコまかせられない! というのが一般的な意見かもしれません。

 
 
 

作曲者偽装問題で評判の佐村河内守さんですが、アッコにおまかせ!をめぐり人権侵害があったという厳しい判断になりました。新垣隆さんをゴーストライターにしたことが発端ですが、根拠不十分のままボロカス言うのは如何なものか。一体、アッコに何をまかせればいいのか?

動画名:佐村河内・人権侵害『アッコにおまかせ!終了?』何をまかせればいいのか?  動画ID:mNEu8soc3Go  引用元:http://www.youtube.com/

投稿者:ごしっぷるん

 ▶︎ ”ごしっぷるん”のチャンネル登録はこちら 

 

 - ニュース, 動画 , , , , , , , , ,