ごしっぷるんるん

トレンド、芸能関係ニュースをおもしろおかしく紹介します。予定です…

home・木山裕策「芸能人の子供はいじめられるの?」家族崩壊と苦悩

名曲「home」で2008年のNHK紅白歌合戦に出場した歌手の木山裕策(48)の“家庭崩壊”の様子が、TBS「爆笑!THE フライデー」で紹介されたことで話題となっています。

画像引用元:https://img.barks.jp/image/review/1000112648/kiyama2_s.jpg

 
   

亀裂の発端は、デビュー1年後に妻がインターネットで誹謗中傷を目にしたことだった。

 

 名曲「home」で2008年のNHK紅白歌合戦に出場した歌手の木山裕策(48)の、“家庭崩壊”の様子が、18日のTBS「爆報!THE フライデー」(金曜・後7時)で紹介された。  亀裂の端緒はデビュー1年後。妻がインターネットで「木山の妻は出たがり」「不愉快」などの誹謗中傷を目にしたことだった。そのころ、木山も何とか新しいヒット曲を、と苦悩していた時期でもあった。  さらに、兄弟思いだった長男が中学2年生ごろから荒れ始め、母と子で取っ組み合いのケンカをしたこともあったという。実は長男は、同級生から「home歌えよ」などとからかわれ、ひとり悩んでいたこともグレた理由だった。  思い悩んだ木山は「家族一緒の時間を過ごすため」に一念発起。 会社をやめて主夫になり、食事を作って一緒に食べる生活を送るうちに家族の絆が戻り、今では木山は食費を稼ぐために再び会社勤め。長男も改心し、父と同じ音楽の道を目指していることが紹介された。  スタジオの田原俊彦(55)は、「1度ああいう風にヒットしちゃうと周りが放っておかない。腹を据えてやんないと、全てが中途半端になる」と直言。爆笑問題の太田光(51)は「(homeの)次はhouseを出せばいいじゃん」とオチをつけていた。

記事引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161118-00000142-sph-ent

 

この記事に対して 「話にして聞くと「へ〜」くらいで終わるけど、ご家族は大変だったと思う。よく立ち直られたと思う。」とか 「その後ヒットはないなとは思っていたけど、本人や家族の方たちがそんな思いをされていたとは知らなかった。」とか 「俺的にはまた音楽活動してほしいけど家族のためならそれを優先にしてこれからも頑張って下さい。」など 励ましや共感するコメントが多く見られた。

 

木山裕策(きやまゆうさく)さんは、高校教師の父と美容師の母の間に生れ、大学時代にバンドを結成するもプロ志望を断念して、シナリオライターを目指しながらアルバイト生活をするも挫折し、会社員となって休日だけで歌手活動を行っている苦労人。 妻と4男がいて、2007年に日本テレビ「歌スタ!!」に出演し平井堅の「瞳をとじて」やビリー・ジョエルの「Piano Man」を歌唱して、浜崎あゆみなどに楽曲を提供していた多胡邦夫の目にとまりました。 楽曲「home」を作曲するも、一度は不合格に… 2008年、再挑戦しデビューが決定しました。 父親の子供への愛情を歌った「home」。 その歌詞が共感を呼び大ヒットしました。

 
画像引用元:http://www.jp-life.japanpost.jp/aboutus/img/i_abt_csr_hmn_kids04_end_28_03area_03.jpg

 

苦労して自分の夢を実現さた人や家族に対して、なぜ誹謗中傷できるのか? インターネットで家族がいじめられ、学校で子供がいじめられ… いじめる人の性格の悪さが、頑張る人の邪魔をすることを証明する出来事です。 それでも頑張って再び会社勤めし、長男も改心し、もう一度幸せをつかもうとしているのに…

 
画像引用元:http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/k/koh0605/20151003/20151003084504.jpg

 

大田光 くだらない一言 台無し!
と怒りを露わにしてしまうことをお許し下さい。

 

 - ニュース , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,